2016年05月14日

なぜ? パンダの赤ちゃん、突然死。

eyecatch_news.jpg

5月10日の朝、愛浜が生んだ赤ちゃんパンダが死亡しました。
海外から中国に里帰りした、いわゆる「帰国子女」が生んだ第1号の赤ちゃんです。

生まれてからの4日間、赤ちゃんは体重も増え、
体温、大小便、授乳なども問題なく過ぎていました。
飼育員も、24時間体制で愛浜と赤ちゃんを見守っていました。

それなのに、なぜでしょうか…

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地の伝えるところによると、次の通りです:

10日朝5時、愛浜が赤ちゃんに授乳していたところ、赤ちゃんが突然叫び、
愛浜の体から地面へすべり落ちた。
飼育員がすぐに赤ちゃんを取り出したが、すでに息はなし。
獣医が死亡を確認した。
解剖した結果、臓器には目に見える異常はない。

飼育されているパンダでは、パンダの赤ちゃんが突然死ぬことはあるようです。
人間の赤ちゃんの突然死(乳幼児突然死症候群、SIDS)と似たところがあるようだとも言われていますが、ハッキリした原因はわかっていません。

ほんのちょっと前まで元気にミルクを飲んでいたのに、
それが一声叫んで突然死んでしまうなんて…。
赤ちゃんの泣き声は、お母さんパンダとのコミュニケーションツール。
お腹が空いた、トイレしたい、寒い・暑い…などなど、
鳴き声を使い分けてお母さんに伝えます。
愛浜の赤ちゃんは、最後に何を伝えたのでしょうか…。

基地では死因を明らかにするため、赤ちゃんパンダの臓器の分析をさらに続けるとのこと。
原因究明は簡単ではないと思いますが、何かヒントを掴めることを祈るばかりです。

「偽妊娠団のメンバー」とまで言われながら、やっと出産。
それなのに赤ちゃんが何も残さずに死んでしまうなんて、悲しすぎますね。

成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地:
http://www.panda.org.cn/china/news/news/2016-05-11/5644.html
http://www.panda.org.cn/china/Science/2013-01-25/927.html

タグ:愛浜
2016年05月12日

母の日は、お母さんパンダ「良浜」に大きなタケノコプレゼント。

2016.05.12.jpg

アドベンチャーワールドで、母の日のイベントが行われました。
主役はお母さんパンダの「良浜」(らうひん)。
今、アドベンチャーワールドにいる5匹のパンダ(海浜♂・陽浜♀・優浜♀・桜浜♀・桃浜♀)のお母さんです。

イベントの予告で「大きなタケノコをプレゼント」とあったので、
30pぐらいのタケノコかな〜と思っていたら、
プレゼントされたのは、高さ2mもあるタケノコらしいですね。

確かに大きいです。
「タケノコ」という想定レベルを超えていました(^_^;)

桜浜・桃浜の子育ても一息ついた良浜お母さん。
1年おきに子どもを産んでいて、それが偶数の年。
今年はその偶数・2016年。
期待していいのかな?

アドベンチャーワールド:
5月8日(日)母の日に、お母さんパンダ「良浜(らうひん)」へ感謝のプレゼントを贈りました!

タグ:良浜
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。