2015年10月23日

ウイーンでご飯、何食べる? たまには部屋食もいいですね。

2015.10.21_1.jpg

海外へ行くとき、「何食べようかな〜」は楽しみのひとつですよね。
でも、疲れたときや食事の時間が不規則なときは、簡単にすませたいと思うこともあります。

そんなときは、買い出しで部屋食はいかがでしょうか。
今回は、私が実際にウイーンで食べる「お部屋ご飯」をご紹介します。

2015.10.23_1.JPG
食べ物を仕入れるのは、スタンドやファストフード店、そしてスーパーなど。
やはり、ウインナー(ブルスト)は、はずせませんね。大きな通りや駅には、ウインナーのスタンドがあります。特に歩行者天国のケルントナー通りやグラーベンは、スタンドがあちこちにあります。何も入っていないシンプルなタイプから、チーズ入り、カレー味などいろいろです。毎日通っても飽きません。ビールと一緒だと、さらにいいですね(^−^)

地下鉄や市電の駅にも、スタンドがあります。ケバブやピザもありますが、アジアンフードもけっこう多いですね。焼きそばや鉄板焼き、ギョーザなどがあります。メニューは看板に書いてあるので、そのままカタカナ読みしてみると、たいていは通じますよ。ちなみに写真の焼きそばは、「ヌーデルン・ミット・ゲミューゼ」です。

下段の左端と中央は、ファストフード「Nord See」(ノルト・ゼー)のもの。シーフード系のファストフード店です。フライやロール巻き、サラダなど、テイクアウトものが豊富なお店です。ウインナーやケバブは重いな〜と思った時や、小腹が空いた時はとっても便利。あとは、パン屋さんも大きな味方。シンプルなパンからおやつになるパン、サラダを巻いたロール巻きからピザまで、「あ〜、迷う!」と種類の多さに疲れを忘れてしまうかもしれません(^_^;)

スタンドもファストフード店もパン屋さんも、基本的には指させばOKなので簡単です。もちろんその場で食べることもできるので、外で食べるかテイクアウトするかは、体調や荷物の重さによって、使い分けるといいですね。

2015.10.23_2.JPG
こちらはスーパーで仕入れたもの。サラダやヨーグルトはスーパーで仕入れます。日本のコンビニサイズのサラダは、ほとんど見かけません。「これなら小さいかも」と思って買ってみると、開けてびっくり、ギッシリ詰まっていて、サラダだけでお腹いっぱいになることもあります。ヨーグルトも大きいんですよね。

果物は、スーパーでの量り売りです。
買い方はこうです。
1.欲しい果物を必要な分ビニール袋に入れ、量りにのせる。
2.果物が入っていたカゴと同じ番号を押す。
3.計量された金額のシールが出てくるので、それを袋に貼る。
これ、覚えておくととっても便利です。1個でも2個でも買えますからね。

2015.10.23_3.JPG

いろいろ買い込んだ食材をセッティングするとこの写真のようになります。
ウインナー(パン付き)はスタンドで、サラダとプラムはスーパーで、紅茶は部屋に置いてあるものです。
それなりに豪華に見えませんか?

好きなものを好きな量食べられる、というのがうれしいですね
お店のメニューだと、メイン1品の量が多いものばかり。そこにスープやサラダを付けたりすると、トンデモナイ量になることも多々あります。胃が疲れてきたり、野菜や果物が足りないな〜と思ったら、こういう食事もいいですよ。

2015.10.23_4.JPG

また、甘いものが欲しい時は、カフェでケーキをテイクアウト。
ちょっと地元の人っぽい気分になりました(^−^)
昼はカフェの中でケーキ、夜はテイクアウトでケーキ…。
食べすぎですね…(^_^;)

食事内容そのものは特別なものではありませんが、スーパーでのお買いものを楽しむことができます。スーパーへ行くと、なぜかテンションが上がるんですよね。日本のものと似てるようで違うので、目移りがしてタイヘンです(^_^;)

好きな時に・好きなものを・好きな姿で・好きなだけ。
体調にあわせて、食事を変える。
旅を楽しむためにも、おいしいものを食べるためにも、体調は万全にしておきましょう。


ウイーンでよくお世話になるスーパーは、この2件。

●BILLA
2015.10.23_5.JPG

●SPAR
2015.10.23_6.JPG

スーパーへ行く時は、エコバッグを忘れずに!


posted by ちゃば at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウィーンの旅&パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月22日

ウイーンでご飯、何食べる? カフェでケーキじゃなくお食事はいかが?

2015.10.21_1.jpg

海外へ行く時、「何食べようかな〜」は楽しみのひとつですよね。
昨日に引き続き、私が実際に行ったお店とその感想をご紹介します。

今回は、「カフェでご飯」です。
ウイーンのカフェといえば、美味しいケーキとコーヒーをすぐ思い浮かべますが、実はお食事メニューも充実しています。

1.ル・ボル
2.アルト・ウイーン


1.Cafe le bol(カフェ ル・ボル)
2015.10.22_1.JPG
歩行者天国・ケルントナー通りの1つとなり、ノイアーマルクトにあります。

朝8時から開いていて、メニューが豊富なカフェ。
ホテルが朝食付きでない時など、こんなところで朝カフェしてもいいですよね。

写真はクロックムッシュのセット。サラダとスープ、コーヒーにジュースが付いてます。
朝からけっこうなボリュームです。
お昼ご飯がいつになるかわからない、前の日の夜が軽かった・早かったなど、朝からしっかり食べたい時にはちょうどいいかも。(いや、やっぱり多いか?)

日本語のメニューはありません。フランス語とドイツ語のみですが、カフェのWEBサイトにメニューが出ていますので、あらかじめチェックすることも可能です。「frühstück」と書かれているのが朝食です。


2.Kaffee Alt Wien(カフェ アルト・ウイーン)
2015.10.22_2.JPG
地下鉄のシュテファンズ・プラッツやシュベーデンプラッツから徒歩圏内です。

ヴイーナーシュニッツェルで有名なお店「フィグルミュラー」(Figlmüller)が近くにありますが、ここが満席の時に利用する方も多いとか。

店内には古いポスターが壁いっぱいに貼られていたり、木のテーブルやイスがあったり、古きウイーン(alt Wien)ってこんな感じなのかな?と思わせてくれるところです。お客さんも常連が多いようで、ウエイターさんたちと仲良さそうに話し込んでいたり、いつもの席と思われるところでゆっくり新聞を読んでいます。

こちらでオススメなのはランチ。ターゲステラー(Tagesteller)と呼ばれる日替わりの定食があります。月曜日は○○、火曜日は××など。外にメニューが出ているのも便利です。同じものをレストランで食べるより、ずっとリーズナブルですよ(^−^)

私が行った時の日替わりは、ヴイーナーシュニッツェルでした。「飲み物は?」と聞かれたので、「ビールください!」。出てきたのは、大きいサイズ500mlでした。小さい350mlは無いんだと思っていたら、向こうのテーブルにいるマダムに出たのは小さいグラス。なぜ? 迷うことなく「ビール!」と答えたので、「コイツは大きいので問題ない」と思われたかな?

料理を持ってきてくれる時には、「召し上がれ」とひとこと添えてくれました。うれしい気配りですね。


この他にも、おいしいお食事を出すところはたくさんあります。
朝やお昼、カフェに入る機会があったら、ケーキにこだわらずメニューを眺めてみましょう。
食事の後に、「ケーキは別腹!」と食べることもできますよ(^_^;)

その際は、カロリー消費のお散歩をお忘れなく!


●関連記事
ウイーンでごはん、何食べる? ひとりでも行けるお店は?


posted by ちゃば at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウィーンの旅&パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。