2015年05月24日

北京動物園・パンダ舎のパンダグッズ(2015年5月)

2015.05.24_1.jpg

北京動物園のパンダ舎の売店は、現在1か所です。
2つある飼育場、「亜運熊猫館」(アジア大会パンダ館)・「奥運熊猫館」(オリンピックパンダ館)のうち、「奥運」のほうです。ちなみに、パンダカフェがあるのも、こちら。

売っているものは、定番のぬいぐるみ・雑貨・Tシャツから茶器、絵などの高級品までさまざまです。
冷蔵庫に貼るマグネットは1つ15元(約300円)、黒いトートバッグは90元(約1800円)です。
2015.05.24_2.JPG
Tシャツは男女兼用。子ども用と大人用に分かれています。
お値段は子ども用75元(約1500円)、大人用は95元(約1900円)。色・柄・テイストがいろいろと選べるので、店員さんに出してもらいましょう。

2015.05.24_3.jpg

パンダ舎は動物園の入り口からすぐのところ。ここでお土産を買いすぎると、後がタイヘンです(^_^;)
パンダを2回見る予定があるのなら、最後にまとめて買う方がいいですね。

なお、パンダ舎の外には、こんなパンダグッズ店があります。
こちらは、ぬいぐるみがメインです。

2015.05.24_5.JPG


posted by ちゃば at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の旅&パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月23日

北京動物園には「熊猫珈琲」(パンダカフェ)があります。

2015.05.23_1.jpg

北京動物園のパンダ舎の情報です(2015年5月現在)。

2012年12月に行った時とは、大きく変わっていました。
・パンダの剥製がなくなった
・パンダの生態の説明が充実した
・売店の数が減った
・屋外の飼育舎がきれいに整備された
・パンダカフェができた …などなど

パンダカフェとは言っても、メニューはごくふつうの飲み物でした。ふつうのカフェと何が違うかというと、/
・まわりにパンダのオブジェがある
・パンダのベンチがある
・パンダ柄(牛柄?)のイスがある
ということでしょうか。

2015.05.23_2.jpg

カフェは2階にありますが、ほんの一角だけなので、みんな基本的には素通りです。奥にパンダを見下ろせる場所があるので、そこへ行ってしまうんですね。

2015.05.23_3.jpg

どうせなら、そこにカフェを作ればよかったのに、と思うのは、私だけ?


posted by ちゃば at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の旅&パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事