2016年01月02日

パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(3)高野屋貞広

2016.01.02_1.JPG

パンダグッズではないけれど、京都にパンダのお菓子がありました。

京都駅の地下にある「近鉄名店街みやこみち」。
その中で、京都のお土産が「これでもか!」と並んでいる「ハーベス京銘館」に
パンダがいます。

京都でなぜ、パンダ…?

なんて考えてはいけません(^_^;)
可愛かったらいいんです。

この「ちんまり楽園」は、マシュマロのようなフワフワしたお菓子。
京都で50年以上、和菓子を作り続けている「高野屋貞広」さんの商品。

「ちんまり」は、ちいさな・こぢんまりした様子を意味する京ことば。
その名の通り一口サイズ、小さな小さなお菓子で、
セロハンを剥がすとき、注意しないと握り潰してしまいそうで、ちょっとヒヤヒヤします(^_^;)

「ちんまり楽園」に登場するのはパンダ・クマ・トラ。
コアラに見えるけど、クマさんなんですね。

それぞれ3匹ずつ入っています。
2016.01.02_2.jpg

種類によって、味も変わるんですよ。
・パンダ…バニラとレモン味
・クマ…プリン味
・トラ…バターとミルク味

いつかどこかで食べたな〜という、ちょっと懐かしい味です。

高野屋貞広WEBサイト

●関連記事
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(5)和詩倶楽部
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(4)ちりめん細工館
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(2)井和井
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(1)永楽屋

posted by ちゃば at 07:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年11月19日

「味わいのある紅葉の写真」を撮るには?

2015.11.19_14.JPG

今年の紅葉は見に行きましたか?
きれいな紅葉は、写真に残したくなりますよね。

そんなとき、どうすればいい写真が撮れるのか?

ここでは、いろいろと試行錯誤した経験から、味わいのある紅葉を撮るポイントをご紹介します。
実例付きです!


【目次】
1.太陽の位置を見る
(1)全体を撮るなら、太陽を後ろに(順光)
(2)紅葉をアップで撮るなら、太陽を前に(逆光)
2.光と影を見る
(1)朝・夕独特の光を撮る
(2)影を撮る
3.夜のライトアップを撮る。
4.散紅葉を撮る
5.「こうよう」いろいろ
続きを読む
posted by ちゃば at 09:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事