2016年03月25日

「そうだ 京都、行こう。」私が撮ると、こうなります。番外編:京都御苑

2016.03.25_1.JPG

「そうだ 京都、行こう。」2016年の春は京都御苑。
昔の皇居(京都御所)とそのお庭です。

京都が都になったのは794年。(なくよウグイス平安京♪)
当時の御所は今とは別の場所に作られましたが、
火事で焼けては再建、焼けては再建を繰り返し、そのうち再建されなくなり…(^_^;)
1331年に即位した天皇から江戸が東京に変わるまでの約500年、
ずっと天皇の住まいとして使われていました。

京都御苑の桜の写真がなかったので、今回は番外編です。
私がどんな写真を撮っているかをご紹介しましょう。

正統派の写真から1枚。
上の写真は、御所の南門にあたる「建礼門」。

もちろんお庭の写真もありますが、
あとは、これ。
題して「京都御苑のケモノ道」。
地面に線が1本通っているのがわかりますか?

2016.03.26_2.JPG

御苑の中は植物や緑が多く、ぷらぷらするにはとってもいい場所。
歩く人もいれば、自転車で通る人もいます。

でも砂利が敷いてあるので、歩いたり自転車に乗るのはちょっと不便。
と、みんなが思ったのか、特に自転車に乗る人は、みんなこの道を通ります。
まるで、山の中でケモノが通ったところの木や草が踏み敷かれ、
いつの間にか道になっているのと似ていませんか?
だから「ケモノ道」。

そして、最後にもう1枚。
「猿が辻」のサル。魔除けの神様です。
御所を囲む塀の北東の角にいます。

2016.03.26_3.JPG

「北東」=「鬼門」と言われていますが、鬼門はその名の通り鬼が入ってくる門。
つまり、鬼の出入り口。
オレンジ色の「禁裏」と書かれた部分で、右上が欠けているところです。

2016.03.26_4.jpg

京都は風水に基づいて作られた都。
東西南北は、それぞれ青竜・朱雀・白虎・玄武(=亀)に見立てた山や川、通りなどが守ってくれますが、唯一の弱点が北東の鬼門。
「赤山禅院」や「比叡山延暦寺」は京都の北東にあり、鬼門をふさぐ役目をしています。

710年に作った平城京からわずか80年ほどで新しい都に移ったのは、災いが相次いだから。
皇位継承争いで敗れた人の怨念が、いろいろと悪さをしたみたいです。
新しい都でも祟られたらタイヘンと思ったのでしょう、
平安京は「これでもか!」というほど「魔」「祟り」の類を排除する造りになっています。

北東の角が切り取られているのも、その1つ。
鬼が入ってくる門を切り取っているんです。
京都の街なかでも、見かけることがありますよね。
京都全体の鬼門をふさぐだけでは足りなかったのか、御所自身の鬼門もふさぎました。
しかも案内図まで(^−^)

そして、角を取って鬼が入る鬼門をなくしただけでなく、
さらにもう1つ対策を打っています

それが、サル。
ただし普通のおサルさんではありません。
実は滋賀県日吉大社の召使い。
日吉大社(ひえたいしゃ)は、全国の日吉神社・日枝神社の総本山です。
白い烏帽子と御幣(ごへい)を持っていて、
いかにも「神職」という感じの、ありがたいおサルさんですね。

また、北東を別の言い方にすると「丑寅」(うしとら)。
反対の南東は「未申」(ひつじさる)。
だから、「鬼にはサルだ!」と思われていたようです。

このおサルさん、金網に入っているのは修復したからだと思っていましたが、違っていました。
夜な夜な遊び歩くものだから、「仕事せんか!」と怒られたのか(?)、閉じ込められてしまったらしいのです(^_^;)

当時は当たり前の考え方で、怖くて必死だったかもしれませんが、
今の時代からすると、粋(いき)な考え方ですね。

このおサルさんの写真を撮るとき、1つ注意があります。

金網の中が暗くておサルさんが小さいので、塀に近づくことになるかと思いますが、
御所のセキュリティシステムに反応して「ビー、ビー、ビー」と鳴る可能性があります。
私は2度、鳴らしました(^_^;)
御苑中に響き渡る、大きな音でした…。

誰かが飛んできて怒られることはありませんでしたが、十分ご注意ください。

posted by ちゃば at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月03日

パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(4)ちりめん細工館

2016.01.03_1.JPG

京都でよく見かけるお土産に、「ちりめん細工」があります。

ポーチ、小物入れからはじまり、吊るし飾り、風呂敷…。
たくさんありますよね。

店先にはカラフルな小物が飾ってあるし、
ちょっと中をのぞいてみると、
季節の行事にちなんだ飾りや小物で華やかにディスプレイされているので、
特に買うつもりはなくても、そのままフラフラとお店に入ってしまいます。

そんな華やかなお店の中、
小さいながらもがんばっているのが「おきあがりこぼし」。

モチーフの主役は、もちろん「和」。
干支や縁起物、季節の行事や日本の伝統にちなんだものが並びます。

侍やお姫様、忍者もいるし、カッパもいるんですよ。
日本らしいといえば、日本らしいですね。

そこに、パンダがいるんです。
おきあがりこぼしの形とパンダの体型が、実によくマッチしています。

パンダだけでも、全部で何種類あるのでしょうか…。
同じシリーズでも洋服が違ったり、洋服は同じでも色が違ったりしているので、
全部揃えようと思うと、けっこうタイヘンですね。
2016.01.03_4.JPG

お値段は1匹540円、3つまとめて買うと1300円。どちらも税込み。
パンダで揃えなくてもOKです。

ひとつひとつが職人さんの手作りで、表情や形がビミョーに違うので、
お気に入りの子を探してくださいね。

私は3回に分けて買っていますが、1つもダブっていないんですよ。
よく覚えていたな〜と自分でも感心しました(笑)

おきあがりこぼしのパンダさん、私が見つけたのは
「ちりめん細工館」さん、「まねきねこのて 招喜屋」さん。
同じ会社が運営するお店です。
京都市内にいくつもお店を出しているので、見かける機会が多いのでは。
お店の一覧
2016.01.03_2.JPG
(上):ちりめん細工館(二寧坂店)と、(下):まねきねこのて 招喜屋(錦本店)。
雰囲気が似てますよね。
2016.01.03_3.JPG

ちりめん細工館さんには、路面店の他にもオンラインショップが2つあります。
1つはちりめん細工館のオリジナルのお店、もう1つは楽天市場店です。

送料は同じですが。品揃えと料金が違うようで、
パンダを見つけられたのは、「楽天市場店」のほうでした。
楽天市場店だけの限定商品やクーポンがあるらしいですよ。

ちりめん細工館 オンラインショップ

ちりめん細工館 楽天市場店

●関連記事
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(5)和詩倶楽部
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(3)高野屋貞広
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(2)井和井
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(1)永楽屋

posted by ちゃば at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。