2016年07月12日

京都で食べよう、ぱんだんご!

eyecatch_sweets.jpg

京都に、おいしいパンダがあります。
その名も、「ぱんだんご」

2016.07.11_1.JPG

パンダの顔と形が、可愛いおだんごになっています。
売っているお店は「ぱんだの散歩」。
作っているのはパンダ好きのお姉さん(1人だけ)。
パンダ好きによる、パンダ好き・おだんご好きのためのスイーツですね♪

2016.07.11_2.JPG

おだんごは「みたらし」と「ぱんだんご」。
立ち食いになりますが、お店で食べることもできるし、
テイクアウトすることもできます。

作りたてのおだんごは、温かくてやわらかくてモチモチ(^−^)
パンダビールも売っているので、ちょっとしたお花見気分です(桜はありませんが…)。

テイクアウトすると、固くなっちゃうかな…と思っても、それはだいじょうぶ。
お姉さんの話では、時間がたったおだんごは、モチモチ感が増すようですよ。
安心ですね。

ここで、気になることが1つ。
思い当たりますか?
アドベンチャーワールドにも、パンダのおだんごメニューがあるんですよ。
あちらの方が、明らかに後発組。
なので、聞いてみました。
「ご存知ですか?」

そしたら、やっぱり知ってました!
「知ってる?」と何人ものお友だちから言われたそうです。

アドベンチャーワールドとの違いは、「鼻」。
「ぱんだんご」には鼻がありません。
「パンダ」で「おだんご」はデザイン的にも限られてきますから、仕方ないのかな?(^_^;)

2016.04.05.jpg

さて、気になる行き方です。
京都駅から向かうイメージで書いておきます。

北野天満宮や金閣寺方面などへ行くバスにのり、
西大路通にある「大将軍」下車
北野天満宮の近く「北野白梅町」の少し南側です。
下車してそのままバスの進む方向に歩くと、「大将軍」の交差点。
今なら、眼鏡市場さんが目印。(2016年7月現在)
ここで信号を渡って、右に曲がります。
曲がってから、2〜3分ぐらい歩くと、左側にぱんだんごの看板が出ています。
小さいお店なので、通り過ぎないでくださいね。

2016.07.11_4.JPG

ぱんだんを食べに行く時は、開店日は要チェック!
お店を1人でやっていて、あちこちのイベントに「お散歩」しに行くので、営業日が限られています。
毎日営業ではないんですよ。

「せっかく行ったのに〜(泣)」
なんてことにならないよう、WEBサイトやFacebookで、しっかりチェックしてくださいね!

【ぱんだの散歩】
・住所:京都市上京区下横町202
・営業日:木・金・土
・開店時間:12自〜売切れ次第終了
・WEBサイト:ぱんだの散歩
・facebook:ぱんだの散歩

posted by ちゃば at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月12日

パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(5)和詩倶楽部

2016.04.12.JPG

京都には和紙を使った雑貨がいろいろあります。
ポチ袋、レターセット、一筆箋、ブックカバーなどなど。

そして、ふだんはあまり使わないかもしれないけれど、
さり気なく使うと、「おっ?」と思われるものがあります。

それは「懐紙」(「かいし」「ふところがみ」)。
携帯用に二つ折りになった和紙のことをいいます。

柄はいろいろありますが、パンダ好きなら持つのはやはり「パンダ柄」。
京都にもあるんですよ、パンダ柄の懐紙(^−^)

作っているのは「和誌倶楽部」さん。
和紙を使った製品の企画・製造・販売・卸などをやっているお店です。
直営店は3軒あり、そのうち1つは東山の「ねねの道」、高台寺の前にあります。
立ち寄りやすいですね。

懐紙は何に使うのかピンとこなければ、こんなことにいかがでしょうか。
・お菓子の受け皿替わりに
・お菓子を包む時に
・グラスの飲み口を拭うのに
・ティッシュペーパーとして
・ポチ袋として
・メモとして などなど
1枚あると、とっても便利です。

特に、お菓子に対して威力を発揮しそうですね。
会社でお土産のお菓子が配られた時などは、
コピーに失敗した裏紙などの上に置くパターンが多いかもしれません。
でも、そんな時に懐紙をすっと出したら、そこだけお茶屋さんに大変身!
ちょっとした非日常空間です。
「オトナだね〜」という感じがしませんか?

自分用でも贈り物でも、こんなお土産っていいですよね。

和詩倶楽部
※オンラインショッピングあり。10,000円以上で送料無料。次回使えるポイントがたまります
楽天市場でも扱っています。

※和雑貨のお店「和敬静寂」さんが扱っています。8,000円以上で送料無料

●関連記事
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(4)ちりめん細工館
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(3)高野屋貞広
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(2)井和井
パンダグッズを京都で買うなら、ここがおススメ(1)永楽屋

タグ:和詩倶楽部
posted by ちゃば at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事