2016年03月22日

東京都台東区のパンダをまとめてみました。

UENO_PANDA_4.jpg

上野動物園があるのは、東京都台東区。
もちろん、ホンモノのパンダがいますよね。
でも実は、他にもいろんなパンダが出没しているようなんです。
そこで、台東区を拠点(生息地)とするパンダをまとめてみました。



1.力力(りーりー)&真真(しんしん)
lili.JPG

shinshin.JPG

まずは上野動物園のホンモノ、
力力(りーりー・♂)と真真(しんしん・♀)。
この2匹は2011年に来園。
上野動物園にパンダがいないと、このあとご紹介するパンダも生まれていないでしょうから、「親」のような存在ですね。

写真は上が力力、下が真真です。

上野動物園公式サイト


2.うえきゅん
2016.02.14_1.jpg

JR上野のエキナカ「エキュート上野」のキャラクター。
2011年3月31日にエキュート上野がオープンしてから、
季節のイベントやキャンペーンになると宣伝役としてパンダが登場。
いつの間にか出ては消えるパンダには名前がなかったのですが、
2014年、ついに一般公募から名前が決まりました。

「胸をきゅんきゅんさせながら、上野の魅力を発信していくキャラになってほしい」という願いから、「うえきゅん」という名前がついたそうです。

うえきゅんって、季節労働熊猫だったんですね。

エキュート上野


3.さくらパンダ
2016.03.03.jpg

大丸松坂屋百貨店さんの公式キャラクター。
もともとは、松坂屋上野店さん単独のキャラクターで、
2007年のリニューアルオープンの時に誕生しました。
松坂屋さんと大丸さんがくっついてからは、
上野店だけにとどまらず、「大丸松坂屋」のキャラクターとして活躍中。

白とピンクがさくらパンダ、白と黒がライバル(?)のよざくらパンダです。

さくらパンダオフィシャルサイト


4.うえのパンダくん
ueno-pandakun.jpg

上野観光連盟の公認キャラクター。
2011年に力力と真真の来園を記念しての誕生です。
洋服(腹巻?)が2色あり、緑が男の子の力力(りーりー)、オレンジが女の子の真真(しんしん)です。

上野観光連盟の公式サイトでは、上野周辺の散策地図がダウンロードできます。
上野公園や谷中など場所ごとの散策マップに加え、
池波正太郎の作品と関連する場所などのマップもあります。
上野に遊びに行く時はチェックしてみてくださいね。

上野観光連盟公式サイト


5.ウェルモパンダ
welmo-panda.jpg

JR上野駅と隣の御徒町駅を結ぶ高架の下にある3つの商店街のキャラクター。
こちらも、2011年の力力と真真の来園を記念した誕生しました。

ウェルモパンダ公式ページ


6.台東くん
taitou-kun_kaminarimon.jpg

台東区の観光PRキャラクター。
その姿は、昔々から台東区を見守っている仏サマが書いたという「台東」の2文字が合体した姿。
仏サマのお使いとして働いています。

お祭りやイベントが好きで、浅草雷門をはじめ上野のパンダ、
浅草演芸ホール、サンバカーニバルなど、いろいろな姿に変身するのも特徴です。
taitou-kun_panda.jpg

ここで雑学を1つ。
台東くんのお尻には、ハートの形をしたしっぽがあります。
これ、台東区の形を表しているんですよ。

台東区の守り神「台東くん」公式サイト


こうしてみると、台東区のパンダってけっこういるんですね。
季節のイベントの時は、見かける機会が多くなるかもしれません。
もし知らない人がいたら、「これはね…」と解説してあげましょう(^−^)


posted by ちゃば at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パンダグッズ・パンダ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。