2015年10月26日

ウイーンでおいしいお酒が飲みたくなったら? ワインを飲みに、グリンツィングまで!

2015.10.26_1.JPG

ぶどうを収穫してワインに仕込むのは秋。
実はこの時、期間限定のお酒が出ています。
ワインになる前のお酒、「MOST」(モスト)と「STRUM」(シュトルム)です。
2015.10.26_4.JPG
モスト(左)は搾りたてのぶどうジュース。
ワインになるぶどうを搾ったジュースなので、ふつうのぶどうジュースとはひと味違います。
シュトルム(右)は、モストを発酵させて炭酸が入った、ジュースとワインの間の飲み物。

その年にできたワインの解禁日は11月11日なので、ぶどう収穫の9月から10月限定です。
この時期オーストリアに行くのなら、ぜひ味わいたいですよね。

ということで、ウイーンの北にあるグリンツィングに行ってきました。
ワインの造り酒屋(ホイリゲ)が並んでいるところです。
昔ながらの農家や修道院などの建物を利用した、雰囲気のあるお店がたくさんあります。
モストやシュトルムはウイーンの街なかでも飲むことはできますが、
せっかくなら雰囲気も味わいたいものです。

私が入ったのは「ツム・マルティン・ゼップ」。
市電グリンツィングの駅から左に徒歩5〜6分ぐらいのところにあります。

2015.10.26_2.JPG

私はお昼、ひとりでランチをしに行きました。
昼からワインなんて、優雅でしょう?
旅行中じゃないとできませんよね。
ホイリゲは酒屋なので、昼の早い時間から開いているお店は少ないのですが、
こちらのお店はお昼どきから開いています(^−^)

2015.10.26_3.JPG

屋内にも屋外にも席はありますが、迷わず屋外を選択。
天気のいい日は、中庭で風に吹かれながらぼーっと過ごす(ひたすら飲む?)のがいいですよ。

こちらのお店で飲めるモストとシュトルムは、白ワインのもの。
モストは、ちょっと酸味のあるリンゴジュースという味でした。
色も、リンゴジュースっぽい色。
お酒の弱い人も、いけてしまうのではないでしょうか。

シュトルムは、モストよりもちょっと薄い色で、
発酵が進んでいる分、シュワシュワと発泡しています。
甘いけどすっきりしていて口当たりがいいので、いくらでも飲めそうです。
2杯目を頼もうかと思いましたが、がんばって自制しました。
調子に乗って飲んでいると、あとがタイヘンなことになりそうです(^_^;)

食べるものはメニューから頼むこともできるし、屋内のセルフ方式の料理を取りに行くこともできます。
ケースの中から料理を選ぶのですが、指差しでOKです。
私はメニューから「ホイリゲ・プレート」というものを頼んでみました。
いかにも!というこの名前、ホイリゲの伝統的なつまみの盛り合わせです。

2015.10.26_5.JPG

出てきました。
黒パン、豚肉、ハム、ソーセージ、チーズ、豆、レバーパテ、ピクルスが盛られた木のプレートが…。
どうみても2人分はありますね。
どれもおいしいのですが、さすがに量がありすぎて、完食はできませんでした。
残念…(泣)

さて、気になる行き方です。

ホイリゲが並ぶグリンツィングへ、ウイーン中心部からの行き方は2通り。
1つは市電38番で、「グリンツィング」まで。
もう1つは、地下鉄U4で終点「ハイリゲンシュタット」まで行き、バス(38A)に乗る方法。
バスに乗らずに歩いて行くと、40〜50分ぐらいです。

駅を出て大きなバス通りが見えると、そこは「グリンツィング通り」。
その通りをひたすら歩いていくと、グリンツィングまでたどり着きます。
途中から「サンド・ガッセ」という通りと2つに別れますが、
どちらを通ってもグリンツィングへ着きますから安心です。

私はお腹を空かせたかったので、ハイリゲンシュタットからがんばって歩きました。
帰りは市電でのんびり帰ろうかと思いましたが、お腹いっぱいで苦しかったので、
腹ごなしのために、来た道を再び歩いて帰るハメになりました(^_^;)

健康的と言えば、健康的かも…?

posted by ちゃば at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウィーンの旅&パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。