2015年10月07日

清水寺への行き帰りはいつも超込み。東山方面へ行くなら、こんな方法もあります。

2015.10.07_1.JPG

清水寺は観光客や修学旅行生でいつもごった返しているところ。
特に桜や紅葉の時期は、境内だけではなく交通機関も大混雑。

それに、南禅寺や銀閣寺などの有名どころへ行くバスも、実は同じルートを通るものが多いんです。
だから余計に混むんですよね。

そんな時は、京都駅を拠点にするパターンを変えてみませんか?

京都駅から出発すると、通常は東大路通(東山通)を北上するところを逆に南下。帰りは京都駅に向かって東大路通を南下するところを、逆に北上してみる。

人の波とは逆方向へ。そんな感じで、私が混雑を避けるのによく使う方法があります。
ぎゅうぎゅう度が違います。

ただし、交通機関を乗り継ぐので、料金は高くなります。
1日乗車券などを持っていない場合はご注意ください。

その方法とは下記3つ:
・バスなら東西・南北の直線2ルートに分けて乗り継ぐ
・バス停1つ〜2つぐらいなら歩く
・できるだけ地下鉄を使う

以下、清水寺からの「帰り方」を例にご紹介します。


1:「祇園交差点」を拠点に。

京都駅行き方面とは逆に歩きます。清水寺から歩いてもそれほど遠くない祇園の交差点。朱塗りの門でおなじみの、八坂神社があるところです。帰りであればここまで歩いて、駅に向かうバスに乗るといいですね。清水道や五条坂より上流にあるので、乗るのが多少はラクになります。

2015.10.07_4.JPG

2015.10.07_3.jpg
春なら、円山公園の桜も見逃せません

ここからは健脚コースです。
祇園の交差点から歩きでもバスでも、四条通を西へ向かうと、京阪→阪急→地下鉄烏丸線の順で電車の駅が出てきて、地下鉄で京都駅に戻ることもできます。四条の交差点はいろんな方面に行くバスが通っているので、交通機関が充実しています。

祇園の交差点から四条駅までは、2q弱。1.9kmぐらいでしょうか。
清水寺から祇園の交差点までも入れると、直線距離でも1km強あるので、あわせると3kmを超えます。
ちょっと距離がありますね。

美味しものをいっぱい食べた次の日、「いやぁ、昨日は食べすきたな〜(^_^;)」と思ったら、ウォーキングを兼ねてどうぞ。

2:市バス「東山三条」を拠点に。

四条まで歩くのはキツイけど、地下鉄や京阪電車に乗りたい方はこの方法で。

東大路通を京都駅行き方面とは逆に北上します。祇園の交差点からは700mぐらい。
「東山三条」の近くに、地下鉄東西線や京阪電車の駅があります。

3:市バス「熊野神社前」を拠点に。

2の「東山三条」をさらに北上して「熊野神社前」へ。
近くに、聖護院八つ橋のお店あり。バス停を使うたびに気になります(^_^;)
ここから丸太町通を西に向かうと、地下鉄烏丸線「烏丸丸太町」へ行くことができます。京都御所やその北・西の方面に行くときは、この路線が便利です。人はそれほど多くないけれど、バスは頻繁に来ていました。

上記1・2は清水寺から歩ける距離。
とは言え、日中はともかく夜は冷えるし、ライトアップを見に行くのであれば時間も遅くなるので、体調と安全にはじゅうぶんご注意ください。

2015.10.07_2.JPG

また、この方法を使って銀閣寺や南禅寺に行くこともできます。
・銀閣寺
京都駅から地下鉄かバスで北上。今出川通(烏丸今出川)まで行ったら、バスに乗り換えて「銀閣寺道」へ
・南禅寺・永観堂
地下鉄烏丸線で「烏丸御池」駅、地下鉄東西線に乗り換えて「蹴上」駅まで。あとは徒歩。または地下鉄かバスで北上。丸太町通(烏丸丸太町)まで行ったら、バスに乗り換えて「東天王町」へ
などです。


京都駅から目的地まで直通で行くバスは、便利ではありますが、くるくる回って思ったより時間のかかることが多いです。また、隣のバス停までならいっぱいあるけど、お目当てのところは本数が少ない…ということもあります。

最後に、人ごみを避けて移動する方法のおさらいです:
・バスなら東西・南北の直線2ルートに分けて乗り継ぐ
・バス停1つ〜2つぐらいなら歩く
・できるだけ地下鉄を使う


東大路通は慢性的に渋滞しているので、できるだけ使わないほうがストレスが少なくてすみますよ(^−^)


●移動はすべておまかせ!のツアーで紅葉を見る
≪国内/テーマのある旅特集!≫クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら

posted by ちゃば at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の旅&パンダグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427362012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事