2015年08月03日

香港のパンダが住むのは、巨大なテーマパーク。

2015.08.03_1.JPG

飼育下で最高齢のパンダとなった「佳佳」(じあじあ・♀)がいる、香港海洋公園。水族館・動物園・遊園地が一体となった、巨大なテーマパークです。ここに、4頭のパンダが住んでいます。

園内はいくつかのゾーンに分かれていて、パンダの住むところも2か所に分かれています。

【香港賽馬會四川奇珍館】
「夢幻水都」にある、四川省の珍しい動物の展示館です。西遊記で孫悟空のモデルになった「金絲猴」もいます。
・佳佳(Jiajia じあじあ・♀:37歳)
・安安(An'an あんあん・♂:29歳)
・1999年3月から香港在住。1997年の香港返還を記念して、中国中央政府から贈られました。

2015.08.03_2.JPG

【大熊猫之旅】
「亜州動物天地」にあります。ジャイアントパンダ(大熊猫)、レッサーパンダ(小熊猫)もいます。
・盈盈(Yingying いんいん・♀。9歳)
・楽楽(Lele るーるー・♂。9歳) ※「れ」の口の開け方で「る」と言うと、似た音になります。
・2007年4月から香港在住。ということは、香港返還10周年記念ですね。
・2匹とも、この8月で10歳になります。

2015.08.03_3.JPG

香港は気候区分でいうと、亜熱帯に属しています。「亜熱帯」は地理的な定義はないようですが、「熱帯ほどではないけれど、それに次いで気温が高いところ」と言われています。

ちなみに、日本は気候の温和な「温帯」になりますが、沖縄が亜熱帯、北海道は亜冷帯に入ります。
(最近では、東京も「亜熱帯」と呼べるほどの気温・湿度の高さですけど…)

パンダは本来、寒さが厳しい高い山に住んでいます。そんなパンダが、ほぼ1年を通して南国ムードの亜熱帯にいるのですから、この季節は夏バテが激しそうですね。でも、お部屋は空調が効いているから、かえって快適なのかな?

【香港のパンダの最新記事】
posted by ちゃば at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港のパンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423456054
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事