2015年06月08日

北京のホテルで立地・設備にこだわるなら、「北京麗苑公寓」がオススメ!

2015.06.08_1.jpg

北京でオススメのホテルです。
その名も「北京麗苑公寓」(リーガーデンアパートメンツ北京)。マンションタイプの宿泊施設で、日本人は長期滞在者が多いとのこと。

部屋が大きく、値段もちょっと高いので、一人で泊まるのはもったいないぐらいだけど、「北京でワンルームのマンションに住んでます」感が味わえます。

【設備は…】
部屋は何タイプかありますが、こちらは「スタジオタイプ」。大きなベッドやソファーがあり、キッチン、ランドリーまでついています。部屋を見た瞬間、思いました。「もっと休みを取ればよかった〜!」
2015.06.08_2.JPG
キッチンには電子レンジがあったので、どこかでお惣菜を買ってきて「チン♪」しようと思いましたが、部屋に戻る頃は疲れ果ててヘロヘロ…。結局、近くの屋台街で買ってきた「焼きギョーザ」と「春巻き」を「チン♪」することで精いっぱい…。

まぁ、それも、「レンジを使わないと、なんか悔しい…」とがんばって、夜9時過ぎに買いに出かけたんですけどね。夜10時過ぎにそんな食事だったので、次の日はみごとに体重が増えました(^_^;)
洗面所には体重計も置いてあるんですよ。

トイレ、洗面台、おフロは日本のTOTOさん。海外で日本のモノを見かけると、「お〜!」と思いますよね。シャワーと浴槽が別なので、使いやすいです。入浴剤を持って行ったので、いい香りに癒されつつ、ゆっくりくつろぐことができました。

【立地は…】
地下鉄「灯市口駅」「王府井駅」の2路線が使えるので、移動にはなにかと便利。
北京でも屈指の繁華街、「王府井」(わんふーちん)まで歩いて5分ほど。中国全土から人が集まる場所でもあるので、お土産には事欠きません。それに、最新のショッピングセンターもあり、中国でどんなお店・どんな商品が流行っているのか、よくわかります。日本とはちょっと違ってヨーロッパ系のお店が多いので、見ていて面白いです。

2015.06.08_3.jpg

王府井には屋台街もありますので、ギョーザや春巻き、シシケバブなどはいつでも手に入ります。ひとり旅でも食いっぱぐれることはありません。ただし、いろんな種類を食べたいのであれば、ショッピングセンターに入っているフードコートなどがおススメです。

【オマケに…】
マンションタイプの宿泊施設ですが、ちゃんとドアマンのお兄さんがいます。どこかで見た顔だな〜と思ったら、映画「レッドクリフ」で趙雲やった胡軍さんにそっくり! とっても親切・フレンドリーで、さらにカッコよく声もよかったので、私のお気に入りです。チェックアウトの時にちょうどドアの前にいたので、タクシーを呼んでもらっている間、長々と話しこんじゃいました(^−^)

また北京に行くのなら、このホテルに泊まって、「北京での一人暮らし感」を楽しんでみたいと思います。

【今回使った予約サイト:Hotels.com】
世界最大級のオンライン宿泊予約サイトです。
特典は、「10泊すると、1泊分が無料」
国内・海外とも、予算・好みにあわせてホテル、部屋のタイプ・ランクまで選ぶことができます。
おトク情報も出るので、旅行に行くならチェックしてみてください。



posted by ちゃば at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北京の旅&パンダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420285957
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最近の記事